2017年12月05日

紅葉の荒池

 

晴れ曇り晴れピュー曇り晴れ

 この冬一番の寒気がやって来ています。平野部でも初雪があるかもという予想…。

 荒池も紅葉が美しくなっています。水面に映る紅葉黄葉は見事です。紅葉よりはどちらかと言えば、黄葉が目立つ荒池緑地周辺です。冬鳥たちもだんだんと増えています。
  

Posted by ふるさと at 22:31Comments(0)

2017年11月24日

色づく市農業センター

 

晴れ晴れ晴れピュー晴れ

 朝晩の冷え込みも厳しく、11月なのに寒い日が続いています。

 晩秋となり、まちが色づいてきました。農業センターもメタセコイアの紅色、トウカエデの黄色が目立ちます。美しく紅葉黄葉した木々が青空に映えています。  

Posted by ふるさと at 22:38Comments(0)

2017年10月12日

ハザ掛け

 

曇り晴れ曇り曇り

 天候に左右される野外活動です。あまり天候の良くない予想が出ていますが、、、。

 荒池二つ池田んぼでは、ハザ掛けが行われています。天日干しをすることで、旨味を引き出します。ただ、雨に濡れては困りますので、ブルーシートがかけられています。このハザ掛けの風景もあまり見られなくなりました。機械の入らない小さな田んぼで、無農薬手作業で行っているからこそで、収穫目的としていないからこそできることでしょう。脱穀までの農村の原風景です。

おにぎりてんむすおにぎりてんむす
  

Posted by ふるさと at 20:33Comments(0)

2017年10月08日

温室のハロウィン飾り

 

晴れ晴れ晴れ

 秋晴れの日です。朝晩は冷えますが、日中は少々暑いくらいです。

 市農業センターの温室内にあったハロウィン飾りです。街の繁華街やコンビニ、商店は、ハロウィン一色の季節。最近は、ハロウィンが一般化してしまいましたね。
 そもそもハロウィンは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。カボチャの中身をくりぬいて「ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがそうです。それが日本では、また違ったイベントになっています。
  

Posted by ふるさと at 22:38Comments(0)

2017年09月24日

ハザ設置

 

晴れ晴れ晴れ

 秋の彼岸が過ぎ、爽やかな日となりました。

 荒池緑地の二つ池田んぼには、ハザが準備されました。いよいよ稲刈りがもうすぐです。予定は、10月7日(土)です。
 ハザは、9月17日(日)に準備され、23日(土)に設置されました。
 ハザとは、イネなどの穀物や野菜を刈り取った後に束ねて天日に干せるよう、木材や竹などで柱を作り、横木を何本か掛けて作ったものです。稲木、稲機、稲掛け、はさ、はせ、はぜ、はでなどいろいろと呼ばれます。形も地方によってさまざまです。
 ただ、天日干しをすることは共通です。干すことによってアミノ酸と糖の含量が高くなり、また稲を逆さまに吊るすことで、藁の油分や栄養分、甘みが最下部の米粒へ降りて栄養とうま味が増すと言われます。太陽光という自然エネルギーを利用する古来よりの方法であった。ただ、手間がかかるため少なくなっています。手作業ならではの風景です。

おにぎりてんむすおにぎりてんむすおにぎり  

Posted by ふるさと at 19:33Comments(0)
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ