2007年08月03日

夏の荒池


水面がヒシで覆われた荒池

 夏の荒池は、例年この写真のようにヒシで水面が覆われます。そのためか、夏の水質調査では透視度が良くなります。6月の透視度は100㎝もあり、7月も87㎝ありました。水の透明度が増しているのでしょう。一年を通してこれくらいあるとよいのですが、冬になると濁ってきます。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
昔々、子供の頃
 菱のみが路傍で売られており、
 それを買って食べました。

 栗のような味だったかとの記憶です。
 今は、食べる人いないのでしょうか?
Posted by 化石こと生田 at 2007年08月03日 21:26
はじめまして!

たぶん、根から栄養分を吸い上げるヒシが、水を浄化しているのでしょうね。

荒池の水質検査を 黙々とやっておられる ヒゲのおじさん!
いつも お疲れ様です!
Posted by 天白坊主 at 2008年04月17日 10:06
 

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ