2007年02月05日

二酸化炭素濃度表示システム


農業センター農業指導館内32インチ液晶モニター

地球温暖化という言葉がよく聞かれるようになった昨今。
CO2濃度も身近になってきました。
1月23日(火)より名古屋市では都心のCO2濃度の表示が開始されました。
表示場所は、市内3ヶ所。中区栄の「広報モニュメント」と市科学館生命館2階。そして、農業センター農業指導館内です。
CO2測定場所は、郊外は今までの農業センター敷地内。都心は科学館敷地内です。

モニターには、現在の二酸化炭素濃度だけでなく、江戸時代との比較や一日の変化。一年の変化などが表示され、「地球温暖化」を考えさせるものです。

この記事へのトラックバックURL

 

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ