2020年10月03日

水始涸

 

曇り曇り曇り

 七十二候の「水始涸」。みずはじめてかる。田の水を干し始めるーという意味です。田んぼの水をぬいて乾かし、稲刈りに備える頃です。いよいよ収穫の時期です。約半年間、稲籾を育てるときから八十八の手間をかけて育てるという米です。

 荒池二つ池田んぼの稲も10日に稲刈りの予定です。黄色く色づいた稲穂も垂れ始めています。

Posted by ふるさと at 21:56│Comments(0)
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ