2019年09月19日

田んぼのハザ



晴れ晴れ晴れ

 秋晴れの日。湿度が低く、秋風を感じる日となりました。

 二つ池田んぼでは、ハザが準備されていました。いよいよ稲刈りが近いと感じさせます。そして、稲穂の上には鳥対策として、糸が張ってあります。野鳥にとっても、熟した稲穂はご馳走です。すべて食してもらうわけにはいきませんので、多少なりとも鳥対策として、防鳥をしています。例年、あまり効果は・・・。
 ところで、ハザ。ここでは、竹で作ってあります。イネなどの穀物や野菜を刈り取った後に束ねて天日に干せるよう、木材や竹などで柱を作り、横木を何本か掛けて作ったものです。横木は最下段でも作物が地面につかない程度の高さになっている。地方によって稲掛け(いねかけ、いなかけ)、稲機(いなばた)、稲架(はさ、はざ、はせ、はぜ、はで)、牛(うし)など異称も多いものです。

Posted by ふるさと at 22:14│Comments(0)
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ