2019年08月22日

稲の出穂・開花・受粉



晴れ晴れ曇り

 蒸し暑い日が続きます。

 二つ池田んぼのもち米が出穂し、開花していました。
 稲は穂を出すとすぐに開花し、受粉します。受粉後、胚が完成します。胚が完成すると、養分をデンプンにして、胚乳として籾に蓄積し始め、籾にお米を蓄える段階となります。
 また、稲は晴れた日の午前中に花を咲かせます。花びらはありません。
 開花すると、まだ緑色の籾のカバーが開き、雄しべが伸び出て来ます。雄しべの花粉が風に運ばれて、雌しべに受粉します。その後、緑色の籾のカバーが閉じます。
 この米の形成の上で、重要な時期になりました。



 田んぼの中には、水田雑草の稗が目立ちます。畦は草刈りがされて、稲の生長が見やすくなっています。


Posted by ふるさと at 22:20│Comments(0)
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
 

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ