2010年08月07日

ナラ枯れ


 針名神社のナラ枯れ

 ナラなどの広葉樹が集団枯死していく「ナラ枯れ」が全国の森で猛威をふるっています。いわゆる「カシナガ」です。
 荒池緑地の森もコナラを中心に枯死し、赤茶けて枯れている木を多くみるようになりました。特に、南斜面の大木が多いようです。また、竹などの伐採で急な環境の変化が「ナラ枯れ」を招くようです。ラッピングで対策をとっているようですが、効果的な対策とはなっていないようです。
 人の里山手入れ放棄が爆発的な被害を招いているようです。動植物の生態系のバランスが崩れたため、自然からのしっぺ返しを受けているようです。  

Posted by ふるさと at 00:10Comments(0)
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ