2010年01月17日

ボダイジュの実


市農業センターのボダイジュ


ボダイジュの実

 市農業センターのボダイジュの木です。中国原産のシナノキ科の落葉樹です。日本では各地の仏教寺院によく植えられています。高さは10mほど。花期は6-7月頃で淡黄色の花を咲かせます。日本へは、臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったと言われます。お釈迦様悟りの木として知られるインドボダイジュとは別種です。シューベルトの歌曲『菩提樹』(歌曲集『冬の旅』)で有名なのは、セイヨウボダイジュです。
 先日の1月13日(水)の中日新聞の記事にこのボダイジュの実について掲載されていました。そのためか、実を拾っている人が何人かいました。さすが、新聞記事の影響でしょう。  

Posted by ふるさと at 23:29Comments(0)
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ふるさと
オーナーへメッセージ